【必見】トライオートETFで下落相場のリスクヘッジで利益を出す方法

結論から先に書くと、トライオートETFで下落相場のリスクヘッジして確実に利益を出す方法は「逆指値」を使って保険をかけておくことです。

してない人は評価損失が出ているのに耐えられなくて損切り(損失を確定)してしまうと損を出してしまいます。そのまま売らずに回復してくるまで持っていれば損失にはなりません。

白鳥
S&P500の価格は必ず戻ってきますがそれまで評価損失状態で耐えられるかどうか重要です。耐えられそうにない人は逆指値設定で自動的に利益確定させるのがおすすめです。

僕は「トラリピFX」「トライオートETF」「トライオートFX」の自動売買で毎月300万円〜500万円順調に資産を増やし続けられていますが、2月、3月はS&P500も含む米国株市場の相場が下落するとネットやTwitterなどで見かけることがあります。

僕はそんなことはないと思っていて去年はコロナショックで2月〜4月は大きな下落がありましたが通常時は相場が下落するといわれている2月、3月であっても影響はありませんでした。

白鳥
コロナショックがあった去年でもそのままホールドしていれば下落した前の価格以上に戻っています。
白鳥
念の為、僕はトライオートETFの逆指値注文を使って、買値よりも高い価格で自動的に利益確定するようにしています。

想定以上に相場が下落した場合は自動的に約定して利益が確実に得られますし、もし買値よりも下落することがあればその場所で買い直すことで前回購入した価格よりも安い価格で購入することができるのでより大きな利益が得られます。

トライオートETFのS&P500 ETFは下落相場と言われる2月〜4月であっても逆指値注文をいれてホールドでノーリスクで乗り越えることができます。

また、逆指値注文を入れなくてもそのまま持っているだけでも、仮に2月〜4月に相場が下落した場合でも必ずもとの価格に戻って下落前の価格を超えてくるので問題ありません。

トライオートETFで下落相場のリスクヘッジして確実に利益を出す方法

トライオートETFは逆指値注文ができます。

逆指値注文は指定した逆指値の株価まで下がったときに自動的に約定(利益確定)されます。

そのため、逆指値設定をしておけば買った時の株価よりも価格が下る前に利益を自動的に確定させることができます。

この逆指値を設定していおかないと買値よりも下がってしまったまま3月や4月の価格の回復まで損失状態で待つことになるので精神的に応えるという方は必ず逆指値を設定しておきましょう。

白鳥
購入した時の価格は人によって異なりますが、購入価格よりも高い価格で逆指値を入れておけば利益が必ず乗ります。

下落相場と言われる月でもS&P500 ETFはほとんど影響を受けない

2月、3月はS&P500も含む米国株市場の相場が下落するとネットやTwitterなどで見かけることがありますが実際に過去のチャートを見てみるとそんなことはありませんし、確実に回復しています。

下のチャートは2017年2月のチャートですが、価格の下落は起こっていません。

下のチャートは2019年2月のチャートですが、価格の下落は起こっていませんし価格は前月と比べて上がっています。

コロナショック時のS&P500の下落時のチャート

しかしコロナショックが起きた去年の3月はがっつりと価格を下げています。しかし今年はコロナショックの株価低下からすでに立ち直り新高値を更新しています。

そのため去年のコロナショックが会った2月とは事情が異なります。

トライオートETFのS&P500 ETFは現在過去最高値を更新

トライオートETFで購入できる「S&P 500 ETF: 米国S&P500のETF」「S&P 500 ETFダブル」は現在過去最高値を更新しています。

これはS&P 500 ETFを購入した人全員が利益を得ているということです。

白鳥
誰も損失を出している人はいません。日本ではありえないことですが米国株の価格が上がり続けるのは普通のことです。

僕はトライオートETFで投資しているS&P 500 ETFダブルでコロナショックの反転後毎月1200万円ほど資産を増やしています。

一時的に2月、3月などに下落が起きても待っていれば価格は必ず回復してきます。

僕が負け無しで大きく稼げているFX自動売買取引会社

僕のメインは「トラリピFX」「トライオートETF」で毎月300万円〜500万円順調に資産を増やし続けらています。いろいろなFX取引会社、自動売買ができるFXやETF取引会社があって、メジャーなものはほとんど実際に使ってためしました。

そのなかで確実に稼げて口座開設無料、口座維持費無料、取引手数料無料、年会費無料で使えるのでずっと使い続けています。

「トライオートETF」

僕のメインは「トラリピFX」と「トライオートETF」で毎月300万円〜500万円順調に資産を増やし続けらています。

「トライオートETF」は「トラリピFX」と同じ自動売買の定番で日本円のまま、売買手数料無料で取引ができて深夜に行われる取引でも自動売買で運用できるのでほったらかしで資金を増やせて手数料無料なの売買回数を気にせずに取引ができます。

口座開設費用無料
口座維持費無料
取引手数料無料
レバレッジ〜25倍まで
公式サイトhttps://www.invast.jp/etf/

トライオートETFは米国株式市場を対象にして稼ぐものです。米国株式市場は長期に渡って右肩上がりなので持っているだけで勝手にお金が増えていきます。

  • S&P 500 ETF: 米国S&P500のETF
  • S&P 500 ETFダブル: 2倍の値動きになる(少ない動きで大きく稼ぎたい人向け)

トライオートETFはこれ以外にも多くのETF商品が用意されてるので自分が興味がある分野のETFや日本株のETFも購入することができます。

>>トライオートETFで売買できるETF商品一覧

大手証券会社で売買すると売買手数料と両替手数料がかかるので儲け分が減ってしまいますが「トライオートETF」は売買手数料無料、両替手数料無料で取引ができ、日本円のまま投資できるので為替変動のリスクもなく取引ができるのが大きなメリットです。

白鳥
ようは稼いだ金額が為替変動によって日本円に替えた時に儲け分が減ってしまうということがなく儲け100%が受け取れるのです。

トライオートETFの自動売買は一度設定しておくと夜中の寝ている時間でも自動で売買が行わますし最初設定しておけばほったらかしで儲けを上げ続けてくれるので朝スマホで増えた利益を確認するのが楽しすぎます。

「トラリピFX」

口座開設費用無料
口座維持費無料
取引手数料無料
レバレッジ2倍〜25倍
公式サイトhttps://www.m2j.co.jp/fx-toraripi

口座だけ持って放置する場合でも口座開設に一切お金がかかりませんのでノーリスクで自動売買をはじめることができる優良な取引会社です。

驚くことに「マネースクエア」はトラリピの取引手数料も無料です。

実は、2018年9月29日以前はトラリピは注文と売却(利益確定)をする度に手数料がかかっていましたが、2018年9月29日以降は手数料が完全無料になりました。

FXの自動売買で大きく稼ぎたい、手数料なしで最大限儲けたい場合は「マネースクエア」一択になります。

白鳥
これだけ好条件で取引ができるFXトラリピは存在しません。

「マネースクエア」はトラリピで14種類の通貨を使って自動売買することができるので調子の良い通貨でトラリピ設定を行って運用すればほとんどノーリスクで稼ぐことができる画期的なシステムとなっています。

早く始めれば始めるほど稼ぎを増やすことができるのでトラリピに興味があればすぐに始めるのをおすすめします。

トラリピをやるなら「マネースクエア」一択

トラリピをやるなら「マネースクエア」一択になります。

白鳥
これだけ好条件で取引ができるFXトラリピは存在しません。

「マネースクエア」はトラリピで14種類の通貨を使って自動売買することができるので調子の良い通貨でトラリピ設定を行って運用すればほとんどノーリスクで稼ぐことができる画期的なシステムとなっています。

早く始めれば始めるほど稼ぎを増やすことができるのでトラリピに興味があればすぐに始めるのをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました