【保存版】コインチェックとビットフライヤーの比較と違いまとめ

僕はコインチェックとビットフライヤーの両方を使って仮想通貨で稼げていますが圧倒的にコインチェックのほうが成果が出ています

理由はエントリータイミング(購入タイミング)と売却タイミングがわかりやすいからです。

ビットフライヤーはわかりにくいので美味しいところを狙って売買をすることができません。一度だけ購入して何ヶ月も放置する取引をするのであればどちらを使っても変わりません。

白鳥
コインチェックはビットコイン取引量国内No.1で最も利用されている仮想通貨取引所です。

また、各手数料も今チェックのほうが安いのでビットフライヤーを使うメリットがありません。コインチェックはビットフライヤーで使えるレバレッジが使えませんがレバレッジを使った売買は危険なので不要です。

取扱仮想通貨の違いと比較

比較項目コインチェックビットフライヤー
取扱仮想通貨ビットコイン (BTC)
イーサリアム(ETH)
XRP
ビットコインキャッシュ(BCH)
ライトコイン(LTC)
リスク(LSK)
イーサリアムクラシック(ETC)
モナコイン(MONA)
ネム(XEM)
ファクトム(FCT)
ステラルーメン(XLM)
クアンタム(Qtum)
BAT
IOST
Enjin Coin
ビットコイン (BTC)
イーサリアム(ETH)
XRP
ビットコインキャッシュ (BCH)
ライトコイン(LTC)
リスク(LSK)
イーサリアムクラシック(ETC)
モナコイン(MONA)
Basic Attention Token(BAT)
ステラルーメン(XLM)
ネム(XEM)
テゾス

取引所形式と販売所形式の違いと比較

比較項目CoincheckbitFlyer
販売所15種類の仮想通貨を購入可能12種類の仮想通貨を購入可能
取引所ビットコイン、ファクトム、ETC、MONAビットコイン
(bitFlyer Lightningはビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュの3通貨)
最小注文単位500円分販売所:0.00000001 BTC
簡単取引所:0.001 BTC
Lightning 現物:0.001 BTC
Lightning FX:0.01 BTC
Lightning Futures:0.001 BTC

各種手数料の違いと比較

比較項目コインチェックビットフライヤー
取引手数料(販売所)無料(実質的にいくらかの手数料を含んだ購入・売却価格が提示されている)無料(実質的に 0.1% ~ 6.0% の手数料を含んだ購入・売却価格が提示されている)
取引手数料(取引所)0%約定数量×0.01%〜0.15%(単位:BTC)
(Lightning FX/Futuresは無料)
証拠金取引手数料新規注文を停止(2020年1月時点)無料
スワップ手数料建玉金額の0.04%/日
日本円出金手数料407円三井住友銀行宛:3万円未満216円、3万円以上440円
その他の銀行宛:3万円未満540円、3万円以上770円
仮想通貨出金手数料BTC:0.001BTC
XRP:0.15XRP
ETH:0.01ETH
BCH:0.001BCH
ETC:0.01ETC
LSK:0.1LSK
FCT:0.1FCT
LTC:0.001LTC
NEM:0.5XEM
MONA:0.001MONA
XLM:0.01XLM
QTUM:0.01QTUM
BAT:4.75BAT
IOST:1.0IOST
ビットコイン:0.0004BTC
イーサリアム: 0.005ETH
イーサリアム・クラシック:0.005ETC
ライトコイン:0.001LTC
ビットコインキャッシュ:0.0002BCH
モナコイン:無料
Lisk:0.1LSK
XRP:無料
BAT:5BAT
ステラルーメン:無料
ネム:3XEM
テゾス:0.1XTZ

証拠金取引のロスカットルール違いと比較

比較項目コインチェックビットフライヤー
レバレッジ倍率なし4倍
追証なし証拠金維持率が100%を下回った状態
ロスカット発生なし証拠金維持率が50%を下回った状態
通貨ペアなしBTC/JPY

勝率90%以上の仮想通貨の購入タイミングと売却タイミング

僕は仮想通貨の売買歴はもう10年近くになりますが勝率が90%以上の確実なタイミングがあるので特別に教えます。

買いタイミングは大きな大陽線(緑の線)を引いたタイミングです。

売りタイミングは大きな大陰線(赤の線)を引いたタイミングです。

こちらの画面はコインチェックの画面ですが、ビットフライヤーではこのチャートを見ることができないのでエントリータイミングがわかりません。

使うチャートは日足(1日表示のチャート)を使ってください。

これで勝利90%ほぼ負けることがなくなります。今チェックの優秀なチャート機能のおかげて売買タイミングが明確にわかるので稼ぎ続けられています。

まとめ

コインチェックはビットコインの取引手数料が無料で、最小注文数は500円です。各手数料もビットフライヤーより安く利益が出しやすいチャートがシステムになっています。

僕はコインチェックとビットフライヤーの両方を使って、ビットフライヤーより圧倒的にコインチェックのほうが成果が出ています。

仮想通貨は 2021年に1BTCが1000~2000万円まで上昇すると言われており自分も同意しています。仮想通貨は今の金と同じ価値を持ち1BTCを持っているだけで億万長者になれる時代が到来するでしょう。早いうちに購入して保有しておけば早めに仕事をやめて自由な生活が送れます。

 

コインチェックとビットフライヤーはどっちがおすすめ?機能や手数料、評判を徹底比較! | 仮想通貨コラム | 仮想通貨(暗号資産)の比較・ランキングならHEDGE GUIDE
ビットフライヤーとコインチェックはどちらも日本国内の大手仮想通貨取引所です。どちらも多様な仮想通貨を取り扱っており、販売所と取引所の両方を提供しているので、初心者にとって利用しやすいと評価されています。どっちがおすすめなのか、機能や手数料、取扱通貨など客観的な情報に基づいて分かりやすく解説していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました